新しい公共を考えるフォーラム "公共"は誰の仕事か?
−仕事人の創出を考える、政治編−

2010年10月30日(土)14時〜17時
和歌山大学地域連携・生涯学習センター 2階ホール


公共サービスを行政が独占するのではなく民間が担う地域社会の在り方は、これまでも日本のさまざまな場で議論されてきました。

今年6月に政府が「新しい公共」宣言を発表したこと受け、「新しい公共」という考え方がどう政策として具体化していくのか、和歌山の地域を担う人材をどう創出できるかの具体策を考えます。

内容   ※画像」をクリックすると動画がスタートします

基調講演 「新しい公共」ってなんだ?

講師 : 寺脇 研 氏
(新しい公共円卓会議委員・京都造形芸術大学教授)

パネルディスカッション
「地域の担い手創出の仕組みは誰が作る、どうつくる?」

コーディネーター:
堀内 秀雄 氏(和歌山大学理事・副学長)

パネリスト :
寺脇 研 氏
岸本 周平 氏(衆議院議員)
山下 直也 氏(和歌山県議会議員)
中村 富子 氏(WACわかやま理事長)

 
<参考資料>:当日レジュメ「新しい公共宣言」、チラシ
ページのトップへ戻る

  

○お使いの環境により、講座をうまくご覧になれない場合があります。ご了承ください。
○参考サイト

わかやまNPOセンターのサイト:http://www.wnc.jp/