トップ

T.和歌山市・中心市街地の概要

1.和歌山市の人口、商品販売額などの推移

戦後の和歌山市中心部およびその周辺は、住友金属工業などを中心とした重工業の企業の存在とその高度成長によって人口などが急拡大してきました。それに対応して、特に和歌山市の中心部は、阪南から和歌山県全県の人々への様々な商品&サービスなどの供給基地として、昭和40・50年代にはぶらくり丁界隈を中心に、それ以後は「和歌山市駅〜JR和歌山駅」まで拡大、全域にわたって「巨大な構え」を持つことになりました。

しかしすでに昭和50年代からは、自動車という交通手段を得た結果として、人口の郊外化と商業、特に大型店の郊外進出ということで拡散が始まり、以後現在まで、計画性のない郊外化が続いています。産業構造や人口構造が変化・縮小してきたにもかかわらず、都市計画・政策として「拡大し切った中心市街地をコンパクト化する対応」が取れなかった結果、中心市街地は空洞化してきています。

図―1 和歌山市人口推移 昭和19年には、和歌山市72km2に205千人が住んでいました。戦後10年で戦前の人口を超え、昭和35年(1960)には市域を204km2に拡大、人口は286千人・商品販売額638億円となりました。その後の高度成長で重工業、主として住友金属工業(現在は新日鉄住金)・関連企業の発展と周辺の村の編入により人口が増加、昭和57年(1982)に207km2・403千人と人口は最高を記録しました。現在は370千人を切り、40年前の昭和45年(1970)のレベルに戻っており、毎年1000〜1500人程度減少し続けています。

和歌山市中心部4地区(本町、城北、雄湊、大新)の人口は昭和37年(1962)にすでにピーク(43千人)を迎え、以降は減少しています。

住友金属工業和歌山製鉄所は、昭和48年(1973)頃に年間粗鋼生産量約1000万t弱と、世界一を達成した後は、鹿島(茨城県)へ主力工場を移すことになり縮小していき、現在は400万tのレベルです。この優良購買人口の消失の影響はかなり大きかったと思います。

図―2 和歌山市年間商品販売額推移 商業統計をみると、年間商品販売額は、昭和35年(1960)の638億円から昭和45年(1970)には2300億円、昭和56(1981)年には1兆円を超え、平成3年(1991)のバブル期に1兆2367億円の最高を記録して以降、減少に転じました。

平成14年(2002)からは1兆円を下回り、平成20年(2008)以降は、30年前の昭和55年(1980)頃の販売額になっていて、概ね9000億円前後のレベルが続いています。

図―3 商店数推移 商店数は、昭和35年(1960)の法人767、個人6468、計7235店に対して、年間商品販売額が1兆円を超えた後、昭和57年(1982)の法人2156、個人8442、計10598店と最高記録、以後減少に転じ、年間商品販売額最高を記録した平成3年(1991)でも、個人商店数は4462店と大幅に減少しています。

平成19年(2007)の商店数では、法人1995、個人2499、計4494店と激減、特に個人店数は50年前の昭和35年(1960)の40%にも及びません。しかし、1店当たりの売上額は伸び続け、昭和35年(1960)の882万円から平成19年(2007)には2億円を超えていることから、大店舗化が進んだことが分かります。現在も、大型店が各地の郊外に進出し続けており、加えて最近は、ネット販売額がスーパー販売額を超え、さらに拡大し続けています。個人商店数はさらに減少が続いています。