トップ

V.まちなか再生の新たな動き・兆し

新しい店の開店など個々の動きは結構あるが、立地がバラバラで集約してこないので、孤軍奮闘しては閉店していくという繰り返し!⇒「エリアマネジメント」が待たれています。これが最重要です


1.「民間」の新たな動き


(1)複合機能店の活躍:ライブとレストラン、物販とレストラン・カフェ、旅行とカフェ等

(2)新業態:スイッチの挑戦→コンセント&PLUG:Coワーキングスペース、イベント、各種の講座

(3)新たな業種
NPO法人等事務所、ライブハウス、ダンススタジオ、医療・介護 特に、NPO法人わかやまNPOセンターが入った「みその商店街」には、NPO法人の事務所が集積し、カフェやバル・ランチ店、手づくり店などを運営するようになってきています。

(4)新しいイベントの流れ(手づくり、音楽、食・・・)
イベント時のみ賑わう!、イベントの連携ができ始めました。

1)民間 @おどるんや A城下町バル Bマルシェ・ド・プティパ

2)学生 @大学生(オープンカフェwith、ハロウィン、夜の遊び・・) A高校生(NLR・・)

3)音楽 @ぶらくりスウィング Aマジカルミュージックツアー Bお城でコンサート

(5)リノベーションの流れ
平成25,26年度は、北九州市のリノベーションを参考に、「遊休不動産再生活用推進事業」(緊急雇用事業予算)を推進していますが、以前から和歌山においてもリノベーションを活用した動きはありました。例えば、

西本ビル(カフェ、展覧会などの貸しスペース)、大東一ビル(建築事務所)、

北ぶらくり丁会館(貸室、数年前、クリエイターが集積)、

酒蔵(ダイニングUO、祝砲酒造資料館)、

中井本店ビル(ヌメロ・オンセ:繁盛しているカフェ。市堀川遊歩道に出入口を開けたい!)

新雑賀町(鈴丸丁交差点西側)のビル(吉宗劇場、ボクシングジム、カフェなど)、


リノベーション活動以降では、

帝国座(ウォール・クライミング)、ニューリチャードビル(コンセント、PLUG)

(6)市立伏虎小中学校開校を睨んだマンション建設の動き
居住者の増大をまちなか再生目標にしていますが、新小中一貫校:市立伏虎(ふっこ)小中学校(現城北小学校敷地)開校(2017年4月予定)を睨んで、遊休ビルを買い取り、マンションに建て替える動きが、リノベ遊休ビルオーナーのヒアリングから見えてきました。発明館もマンションデベロッパーが取得しています。小中一貫校の開校のような教育環境の整備が、まちなか居住を推進するキーワードになることが確認できたことは大きいと思います。


2.「行政」の新たな動き


(1)官民協働の新しいイベント(竹燈夜、食祭、わぁーと手づくりマーケットなど)の盛り上げだけでなく、NPOボランティアサロン、子ども科学館や市民図書館などの各施設が独自のイベントを積極的に開催するようになってきています。 

(2)「2030年わかやま構想」による「まちなか再生」---------市都市整備課

(3)遊休不動産再生活用推進事業T(平成25年度)-----------市商工まちおこし課、県都市政策課

1)遊休不動産調査、志のあるオーナー調査、志のある事業者、事業希望者(店主など)調査

2)リノベーションの有効性PR⇒協力オーナー団形成が目標

・リノベーション講座(平成25年8/22:岡崎氏、10/10:木下氏、12/12:清水氏)

・リノベーション・スクール(平成26年2/20〜2/23の連続4日間、於:Wajima本町ビル)
⇒@ポポロビル1F(石窯ポポロ)、A旧玉林園(ランニングステーション)、Bハウスブルーネ(シュガーストリート・ショコラティエ)対象にリノベーション提案!

(4)遊休不動産再生活用推進事業U(平成26年度)------------県都市政策課、市商工まちおこし課

・第1回リノベーションスクール提案を推進、実現していきつつ、その体制・仕組み作りを支援。

@ ポポロビル1F(石窯ポポロ):石窯ピザ&ロハスの集客力など確認のために、ポポロハスマーケットを開催(5/18開催、1万人来場。10/18ハウスブルーネ前で第2回ポポロハスマーケット開催。H27年2月より毎月第2日曜日に定期開催)。不定期でぶらくりナイトマーケットも実施。
⇒インターラーケン隣旧みきやで、石窯ピザの事業化⇒(株)紀州まちづくり舎が経営

A 旧玉林園(ランニングステーション):ランステ案の事業性が疑問で、事業推進者なく中止。

B ハウスブルーネ(シュガーストリート・ショコラティエ):ショコラティエ開店希望事業者が、耐震化工事費&期間の問題で断念。不動産オーナーが複数いて、事業実施には反対多数。 その中で、ユニットメンバーの一人が1階3室を借り、その内1室をカフェにする許可を得て、開店準備中。

・リノベーションの有効性PRのため講演会、勉強会の開催

1)リノベーション講演会:@7/30 徳田氏 A9/4 西村氏 B11/25 曽我部氏

2)リノベーション勉強会:@9/6 市来氏 A9/25 加藤氏 B11/2 倉方氏 C11/2 中村ケンタ氏

・まちづくり会社支援:@サスカッチ A紀州まちづくり舎

・第2回リノベーションスク−ル(平成26年10/31〜11/2の連続3日間、於:Wajima本町ビル)
⇒@旧えり弥(ぶらくり丁リビングルーム、ライフスタイルストア)、Aニューリチャードビル3階(OTONA CLUB)、Bユタカビル(ゲストハウス、シェアハウス)、CSYビル(レンタルオフィス、レンタルデスク)

(5)遊休不動産再生活用推進事業V(H27年度)------------市商工振興課

・第2回リノベーションスクール提案を推進、実現していきつつ、その体制・仕組み作りを支援。

@ 旧えり弥(ぶらくり丁リビングルーム、ライフスタイルストア):H27/8月と10月に「ぶらくり丁アーケードを街のリビングルームに」をテーマに「クラフト×暮らふとビールフェス」を実施。集客に手ごたえを感じ、次の展開を検討中。

A ニューリチャードビル3階(OTONA CLUB):ブックカフェに変えて事業提案するが、資金計画でオーナーと折り合いがつかず。別の空き店舗でもオーナーに提案するがこれも断念。ユニットのメンバーが個別に「ハコイリ文庫プロジェクト」 など本を核にしたイベント等で次の動きを模索中。

B ユタカビル(ゲストハウス、シェアハウス):(株)ワカヤマヤモリ舎 を設立し、R i c o P r o j e c tとして2階、5階をシェアハウス、ゲストハウスとして実現にむけ作業中。近日オープン予定。さらに1階も事業をすすめる予定。

C SYビル(レンタルオフィス、レンタルデスク):具体的な提案を進めていたが、ビルの設備再投資額が思ったより高額なので中止。ユニットメンバーが個別に別の動きを模索中。

・リノベーションの有効性PRのため講演会、勉強会の開催、空き店舗ツアーも実施予定

1)リノベーション講演会:@7/30 大島氏

2)リノベーション勉強会:@8/29 明石氏

・まちづくり会社支援:@サスカッチ A紀州まちづくり舎 Bワカヤマヤモリ舎

・第3回リノベーションスク−ル(平成27年11/6〜8の連続3日間、於:南海和歌山ビル)