伝えたい、和歌山ごはん
講座トップ>第10回 串柿とつるし柿 P1
ページ:1 2 3 4 5 6
 
第10回 串柿とつるし柿
串柿とつるし柿の写真

 秋の味覚の代表、柿はそのまま食べてもおいしいものですが、干した柿は独特の甘味が出て、これまたおいしいものです。
 お正月の鏡餅には「にこ(二個)にこ(二個)と中(仲)睦(六つ)まじく」で10個の柿が串にささった串柿が欠かせません。もうひとつ、縄でつるして干すつるし柿もあります。これらを軒先で干す風景は、今ではあまり見かけることがなくなりましたが、昔ながらの素朴なおやつとして、残していきたいものです。


      次のページへ